SBDM4205.jpg

¥ellow Bucksの活動拠点=東海エリアは、完全なる車社会である

ストリートには、日夜さまざまな車が行き交っている。

派手なカスタムを施したもの、仕事で使われているシンプルなもの、職務質問を受けそうな怪しげなもの。

文字通り多種多様な車が存在するなかで、¥ellow Bucksは敬愛する先輩から1台の車を譲り受けた。

――1966 Pontiac Catalina “YELLOW BULL” ――

¥ellow Bucksはさっそくこの新しい相棒に自分好みのカスタムを施していったが、

彼の私生活ではさまざまな出来事が起きていく......

 

日本のHip Hopシーンに衝撃を与えた、キャリア初のフルアルバム「Jungle」より早2年。

常に最前線を突き進む¥ellowBucksが、いよいよ2ndフルアルバム「Ride 4 Life」をリリース。
とある先輩から、1966年式の「Pontiac Catalina “YELLOWBULL”」を譲り受けたことに着想を得た本作。

アルバム制作は、愛車に自分好みのカスタムを施している最中に並行して進められた。
フィーチャリング陣には、先行配信シングル「GIOTF」のJP THE WAVYをはじめ、

Tina、CITY-ACE SOCKS、K-DOG、Phonk Gee、MaRI、Daiki Bluntらが参加。
プロデューサーには、DJ RYOW率いるSPACE DUST CLUB、
シーンの重鎮たるDJ PMX、SLICK、Teeらが顔を揃えた。
今作には、誰よりも“乗っている”

¥ellow Bucksのバックグラウンドやライフスタイルがリアルタイムで反映された、

この瞬間の“ヤングトウカイテイオー”にしか体現できないHip Hopが詰め込まれている。
アルバムは発表された。

しかし「1966 Pontiac Catalina“YELLOW BULL”」のカスタムは“未完成”である。
それは何を意味し、

“未完成”のセカンドストーリーはどこへ向かっていくのか――。

まだまだ目が離せそうにない。

SBDM4021.jpg

M1. Ride With Me
Prod. by DJ RYOW & SPACE DUST CLUB

M2. Tonight (feat. Tina)
Prod. by SLICK

M3. Watch Out
Prod. by DJ PMX

M4. In Da Club
Prod. by Tee

M5. GIOTF (feat. JP THE WAVY)
Prod. by SLICK

M6. Shut Up (feat. MaRI)
Prod. by DJ RYOW & SPACE DUST CLUB

M7. Della Waya (feat. CITY-ACE & SOCKS)
Prod. by DJ RYOW & SPACE DUST CLUB

M8. Money Maker (feat. Daiki Blunt)
Prod. by SLICK

M9. Smoke (feat. K-DOG & Phonk Gee)
Prod. by DJ PMX

 

※2022年7月7日午前0:00 各社サイトにて順次リリース予定。

※詳細ページへのアクセスも同上の日時より可能になります。

※リリース予定に変更がある可能性がございます。ご了承ください。

 
 
TTTG2_withe.png